北海道事業本部

技術開発

2011年入社

採用情報

Q1.現在担当している仕事の内容を教えて下さい。

私は主に技術指導を担当しており、当社の顔とも言える「肥料」の効果確認試験をお客様や営業員と力を合わせて行っています。商品開発、農家対象の講習会の講師役や営業員との同行推進など、主に営業のサポートを目的とした業務に携わっています。また、これらの業務を通して、実際に現場に出て、お客様や営業員と話す機会に多く恵まれ、自身の成長のためにも不可欠な、文献だけでは得られない経験・知識を学ぶことができる貴重な場であると感じています。

Q2.仕事の中で苦労した点とやりがいを教えて下さい。

自然を相手にする仕事なので、思わぬアクシデントなど一筋縄ではいかないことが多々あります。決まった「正解」がないために、不安で悩んでしまうこともありますが、経験豊富なお客様や先輩方のアドバイスやフォローのおかげで、少しずつ自分でできることも増えていると思います。今後は私を支えて下さる先輩方のように、「正解」がないからこそ、選択肢の幅を広げ、様々な可能性を見出し色々なことに挑戦したいと思います。

Q3.住商アグリビジネスの好きなところはどこですか?

現場に出ることが多く、現場に出れば自分の生活を支える食べ物に自然と興味を惹かれ、発見がたくさんあるところです。砂糖はビートという大きなカブの様な作物から作る、小麦は秋に種を播き何カ月も雪の下で春をじっと待っている、イモは実でも根でもなく茎の部分を食べている…自分の口に入るものなのに知らないことがたくさんありました。このように日々多くの発見に囲まれる環境で仕事ができることは、とても充実していると思います。

Q4.プライベートの趣味はなんですか?

音楽を聴いたり、楽器を演奏したりすることです(リコーダー、ピアノ、サックス、打楽器全般、ベースなんでも来いです!)。幼い頃から音楽に触れる機会が多く、ピアノを習ったり、管弦楽部に所属したり、バンドを組んだりと人前で披露する場に恵まれていました。現在では休日の暇つぶし程度ではありますが、その経験が人前で何かをすることに関してプラスになっていると感じます。